ルーツを調べながら各地を旅行するのが好きな与平次の独り言。日々の雑感など。


by uranoke
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
a0058649_17483290.jpg今日は、戸村氏の発祥地である茨城県那珂市へ行きました。戸村氏は元々、藤原秀郷の末裔である那珂氏の分流として、この地に起こったのですが、この戸村氏は、南北朝の争いのときに、南朝側に付いて戦いに敗れ、一族は滅亡しました。

この地は清和源氏の佐竹氏の領地となり、佐竹氏の末裔が滅んだ戸村城を再興し、再びここに戸村氏が起こったのです。ですから、これを佐竹戸村氏と呼んで、前の那珂戸村氏と区別しています。


今日、調査に行ったのは、那珂市戸(現在は「戸村」から「戸」という地名になっている)にある戸村城跡です。城を囲った堀や土塁の類は今でもしっかり残っていて、写真に収めてきました。土塁に周りに水路があるので、水路がかつての城郭を覆うように複雑に入り組んでいました。

戸村城は1600年代後半まで、佐竹氏によって守られていたのですが、関が原の戦の後に、秋田へ佐竹氏が移封されたのに伴って、戸村氏もこの地を離れ、佐竹氏と一緒に移ったのです。資料を整理したら、近いうちにホームページにもアップします。
[PR]
# by uranoke | 2005-11-05 17:12 | 調査日記

何が起きたんだろう?

今日は与平次の運営するホームページのアクセス数が異常なまでに多いのです。先週に当HPがめでたく選定されたYahoo!JAPANのE-listも今日で掲載が終わってしまいました。たくさんの方々、来てくれてありがとうございました。

・・・って、掲載も終わったことだし、再び今まで通り、パラパラと見に来てくれる方のいるサイトに戻るかと思ったら、E-listに掲載されていたとき以上にアクセスがあって、スゴクびっくりしました。どうやらYahoo!JAPANのニュースレターみたいな記事に当HPのことが書かれていたらしいのです。

でも、こんなにルーツに興味を持っている人が多いとは思いませんでした。興味のある方が私のHPを見て、ルーツを辿るのは不可能じゃないし、誰でもできるってことが分かってもらえたら嬉しいです。

ただ、あえて注意点をあげると、過去のことをあまりほじくりかえされたくないって人も多いと思います。こういった先祖の調査では、やっている本人は、「自分は先祖供養になるとても大事なことをしてるんだ」と思いがちだけど、必ずしもそんなことはありません。過去を封印したいと思っている人にとっては、こういった調査は迷惑でしょうから、あくまでも自分の興味を満たすためだけということを念頭に置いたスタンスが大切なんでしょうね。

でも、こういったことを念頭に置いた上で言えば、実際のところ、親族の年配の方々には、自分のルーツにとても興味をもって話してくれる人は多いと思います。日本史の話題と今の自分は無関係じゃないってことが見えてくると楽しいのです。
[PR]
# by uranoke | 2005-11-04 18:40 | HP運営

ブログに慣れるまで

今までホームページで掲載してきた「与平次の独り言」を全部こっちのブログに移動しました。といっても、元々そんなに量はなかったんですけど・・・。初めてなので、1つ1つの作業に手間取ってしまいます。そして、1つこなすごとに、なるほどと感心します。このブログって、過去の記事も書けるのか。というわけで早速、昨日のことを昨日の日付で書いてみます。便利、便利。

きっとホームページの運営よりは簡単そうですね。今はまだ慣れてないのでブログの方がドキドキしますが・・・。

でもブログの仕組みって、未だに良く分かりません。
一体誰がどうやって見に来てくれる仕組みになっているのだろう。ホームページの場合は、検索サイトや他のホームページのリンクを辿って見に行くんだけど、ブログはどうなっているかな?
[PR]
# by uranoke | 2005-11-03 19:45 | 日々の雑感

ブログを開設してみた

 私、与平次が運営するサイト「浦野家の歴史と系譜」で掲載していた日々の雑感「浦野与平次の独り言」をこの度、ブログとして移植することにしました。
 ・・・でも、だいじょうぶかなぁ。
[PR]
# by uranoke | 2005-11-02 18:30

検索ワードランキング

(この記事は関連サイト「浦野家の歴史と系譜」から移動したものです。)

当HP開設以来、本日までの検索サイトからの検索ワードランキングです。

 1位 344件 浦野       
 2位 255件 北海道の歴史   
 3位  79件 浦野家      
 4位  42件 丸に剣方喰    
 5位  39件 苗字       
 6位  43件 北海道開拓の歴史 
 7位  38件 先祖調査     
 8位  22件 系譜       
 9位  20件 狼煙の歴史    
10位  16件 家の歴史     

前回のランキング調査で2位だった「浦野」が1位になりました。3位のキーワードも同類と考えると、全国の浦野さんのご訪問が多いようです。ありがとうございます。家紋に興味を持っている方も意外に多いようです。
[PR]
# by uranoke | 2005-10-22 17:30 | HP運営

帰国しました

(この記事は関連サイト「浦野家の歴史と系譜」から移動したものです。)

いつものことですが時差ボケが取れません。
場所はロシア西側だったのですが、今回は2週間近くの出張だっただけにガッチリずれてしまいました。ちなみにダイヤルアップ方式とはいえ、宿泊先でもネットワーク接続ができました。不在中にご連絡を頂いた方々、ありがとうございました。
[PR]
# by uranoke | 2005-10-10 17:30 | HP運営
(この記事は関連サイト「浦野家の歴史と系譜」から移動したものです。)

私は職業柄、出張が多いのですが、今回は9月26日から10月7日まで海外に滞在することになります。そこで滞在先によるのですが、ネットワーク環境が確認取れていないので、もしかしたらしばらく更新が遅れてしまうかもしれません。尚、ご連絡頂いたメールにはできるだけ早急に対応させていただきますのでご了承下さい。
[PR]
# by uranoke | 2005-09-25 17:30 | HP運営
(この記事は関連サイト「浦野家の歴史と系譜」から移動したものです。)

直接、お問い合わせやアンケートに回答して頂いた方の出身地を中心的に浦野氏の分布を市町村別に調べていますが、これは実に興味深いのです。

勿論、都道府県別に見ると、大雑把な分布は分かるが、これを市町村別に見ると、明らかに偏りが見られるのです。明治維新後に初めて浦野を名乗った場合は別としても、この偏りこそ、数百年の単位で各土地に住み着いた一族なのだろう直感できるのです。

この各地の一族は、一見すると数は多いが、それでも1つ1つ調べるのは絶対不可能というほど多いわけでもないように思えます。これらの一族の先祖を調べ、つながりを調べると、浦野氏の動きが分かって相当に面白い気がします。既に浦野家の多い群馬や長野では、これらの一族はある程度洗い出されているのですが、様々な地へ流出した浦野家の経緯について調べると、新たな発見があるかもしれません。
[PR]
# by uranoke | 2005-09-22 17:30 | 調査日記
(この記事は関連サイト「浦野家の歴史と系譜」から移動したものです。)

実はHP開設当初から、妻に「文字が小さすぎて見にくい」と指摘されていた。

自分でも気にはなっていたのだが、ついレイアウト上の見た目の良さという何とも自己満足的な理由で小さいフォントを使用してしまっていたのだ。

しかし、最近このHPの情報量も増えてきて、細かい字でビッシリ書かれたページを読む側の立場に立てば、さすがに自己満足に浸っている場合ではないと思い、この度、トップページ以外の文字のフォントを大きくしてみた。

実際に大きくしてみると、とてもスッキリとして、内容は変わっていないのに非常に雰囲気が軽くなった感じがした。トップページは情報が多いので未だ小さいフォントを使っているのだが、今後工夫して改善していこうと思う。
[PR]
# by uranoke | 2005-09-13 17:30 | HP運営

検索ワード

(この記事は関連サイト「浦野家の歴史と系譜」から移動したものです。)

7月にYahoo!JAPANに登録されてから、当HPのアクセス数も伸び始め、ようやく軌道に乗ってきた感じがします。そこで、アクセス解析を行って、これまでの当HPの検索サイトからの検索ワードランキングを出してみました。

 1位 219件 北海道の歴史
 2位 180件 浦野
 3位  48件 浦野家
 4位  38件 北海道開拓の歴史
 5位  27件 丸に剣方喰
 6位  24件 先祖調査
 7位  20件 狼煙の歴史
 8位  13件 苗字
 9位  12件 浦野 歴史
10位  12件 系譜

2,3,9位のように、キーワードに「浦野」があるものが1位かと思ったのですが、北海道の歴史を調べている方々の訪問が多いようです。私の浦野家の北海道移住についても非常に興味あるところなのですが、残念ながら丁度その時期の浦野家については、多くの記録が残っていないのです。現在、北海道入植関係の文献を探しているところです。

ランク外で興味深い検索ワードには、「浦野柳吉」というのもありました。浦野柳吉(私の高祖父)については、私は加賀藩史誌でしか見つけていないのですが、一体どこからこの名前を知って検索したのでしょう?
[PR]
# by uranoke | 2005-09-04 17:30 | HP運営